読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゃめ日記

三日坊主どころか平気で三ヶ月くらい坊主する、気が向いた時にしか更新しないしょーもない日記です。言いたい放題なのでご注意ください。

ジャニオタである事を隠さず生きてきた私の経験談

関ジャニ∞ 赤西仁 KAT-TUN

Twitterでもつぶやきましたが、
私がジャニオタである事を隠さず生きてきて良かったことを、色々とまとめてみました。

f:id:kym830:20170122171129p:plain

f:id:kym830:20170122171148p:plain


文字が多い上に小さくてゴチャゴチャしてて読みにくいです。すみません。



小学生の頃からジャニオタやってますが、
「私はジャニーズが好き!」という気持を隠そうと思ったことは一度もありません。
自分の気持に正直に生きるのって大事。

小学校、中学校、高校、専門学校、職場…
私の趣味を受け入れてくれた周りの環境に感謝しています。


とにかく好きなもんは好き

自分を語る上でジャニオタというキーワードを除いたら
何が残るんだろう…ってくらいに、ジャニオタが生き甲斐。
「ジャニオタきもい」なんて言われたりもするけど、
誰にだって好き嫌いはあるし、趣味を否定される事は別に苦じゃない。
全員にジャニーズを好きになってほしいなんて微塵も思ってないし、
自分も興味のないものをゴリ押しされるのは嫌い。
だけど好きなもんは好きだから、どれだけ馬鹿にされようとジャニオタを辞めるつもりは一切ない。

「もしジャニオタってバレて周りに否定されたらどうしよう…」なんて思って
気持を隠してる人って、本当に勿体無いなって思う。
オープンにしてみたら「実は私も…!」って、同じく気持を隠してた仲間と出会えるかもしれないのに。
なんていうか、自分と同じ趣味の人と出会える事が快感なのかもしれない。
好きなことを誰かと共有するのが楽しい!
だから同担拒否の人とは一生分かり合えないと思う。


カラオケは誰と行っても必ずジャニーズの曲を歌う。

たまに「みんなが知らない曲を歌う人って空気読めないよね〜」なんて言う人がいるけど、
そもそも私はそういう考えの人とは絶対にカラオケに行かない。
あんまり絡んだことがない人にカラオケに誘われたら、
「私ジャニーズしか歌わないけどいい?」って必ず最初に聞く。
「え…^^;」って反応されたら断る。つまんなそうだから。
後輩だろうが先輩だろうが関係ない。
自分の好きな曲を歌えないカラオケになんのメリットがあんの?
だから自分が知らないアニソンとか宝塚のオペラみたいなの歌われても全然いい。
私はジャニーズ歌うから、みんなも好きな曲歌ってね!って。
そっちのほうが気を使わなくていいから楽だし、知らないジャンルの曲を知れるのも楽しい。
「好き」という気持を制限されたくない。


公言することのメリット

ジャニオタを公言していたおかげで、得したこともたくさん。

学生時代は、「これにKAT-TUN載ってたけどいる?」って、わざわざ雑誌の切り抜きを持ってきてくれたり。
中学生ってアイドルの切り抜きとか集めがちだよね(笑) 懐か死ぬ。
母親の友人が、地元の新聞に載ってるKAT-TUNを切り抜いて送ってくれたこともあった。
あとは地方でしか放送されない番組をダビングしてもらったり。これめちゃくちゃ有り難いよね。
給食の放送ではジャニーズをいっぱい流してもらえた!
こういうのってほんと、好きって言ったもん勝ちだなと思う。
文化祭で駄菓子屋やった時、暇すぎてうちわに仁亀の切り抜きペタペタ貼って飾ってたな…w
他クラスの知らない男子に「え。なにこれ売ってんの?」って若干引かれたのくそ笑った。
こんなの売るわけないだろ(笑)
ちなみに卒アルにはそのうちわを持った写真がしっかりと掲載されています…( ˆoˆ )ファーーwwww

専門学校では、どれだけ課題にジャニーズを絡めても怒られなかった(笑)
先生ももう私がジャニーズが好きって知ってるので、若干呆れつつも受け入れてくれてた。
というよりしっかり課題はやってるわけだから、文句言われる筋合いもないし。(強気)
好きなことを取り入れて課題が出来ていたので、何より自分がいちばん楽しかった!
就活の時期になると
「エイトレンジャーの映画作ってる会社から求人きてたよ!」
と先生が教えてくれたこともあった。
映像関係は興味がなかったので丁重にお断りしました。
「この前関ジャニ∞のライブで流す映像のお仕事頼まれたんだけど、忙しかったから断っちゃった〜☆」
ってヘラヘラしてた担任には流石にキレそうになった。馬鹿なの?( ˆoˆ  )

職場では「今度ライブがあるので…」って言えばシフトを調整してもらえたり。
もちろん無理な日は無理だけど。
ジャニーズのライブって2ヶ月前とかに日程が分かるから事前にお休みの交渉ができて助かる。
せっかくお休み貰ったのにチケット当たらなかったら絶望だけど。
ほんとは土日公演いっぱい入りたいけど、接客業だから基本平日狙い。
でも平日の方が倍率低いから、そこに関してはちょっと得かも…。
職場の人たちに"ざぶ(双子)と2人で休んだ日はだいたいライブ"と思われているので、
翌日「昨日ライブだったの?どうだった?」って聞かれる(笑)
でもそうやって話題を振ってくれるのは嬉しい。
ジャニーズに少しでも興味を持ってくれている事が嬉しい。

ジャニオタを公言しておくとジャニーズを全然知らない人もだんだんと興味持ってくれて、
すごく自然に宣伝ができるのでオススメ(笑)
そうやって過去に何人かジャニオタに引きずり込んだことがあります…。


公言することのデメリット

彼氏が出来ない。

これは可愛い子なら全く問題ないので安心してください。
さほど大したデメリットではありません。


以上、ジャニオタである事を隠さず生きてきた私の経験談でした。





Twitterで沢山の方に反応してもらえて嬉しい限りです。


「共感しました!」とか「勇気をもらいました!」というリプが沢山きて嬉しかった(*´∀`*)
中には「ジャニーズは知名度があるから言えるんだよ」なんて意見も。
確かにマイナーなジャンルだと公言しづらいのかな…。
周りの理解力とか、環境も大事だと思う。
一人でもちょっと特殊な趣味を公言してる人がいるなら、多分受け入れてもらえる。
一度オープンにしてしまえばすごく気が楽になるので、迷ってる人は公言することをオススメしますよ!
仲間がほしいと思ってる人も是非!!
あとは私みたいに「好きって言ったもん勝ちだろ!」という超前向きな人は、絶対公言しといた方がいい(笑)

もしかしたら傷つくこともあるかもしれないけど、
好きなものを好きと言える人って素敵だと思うのです。


だからこれからも私はジャニオタであることを貫きます。